FX RCIの手法を学ぶための商材や教材は?その口コミ評判を調べてみた

ここ最近、RCIというインジケーターを使ったFXトレード手法が話題を集めているようです。

このRCIというのは基本的に3本の期間の異なるラインを引きトレード判断をするのですが、ネット上では少しばかり、その情報が掲載されています。

無料情報を検索していけば、ある程度はRCIを使用したトレードが学べるのですが、実際に体系的に勉強するなると無料情報だけでは厳しいものがありそうです。

RCIの手法を知りたいという需要の割にはそれに応える供給(教材、手法)がないのが現状といったところでしょうか?

そこで今回、このRCIを使用した商材や書籍商品の評価や評判を調べてみることにしました。

今回ご紹介するのは3つの商品です。

内容量も価格帯もそれぞれ違いますので、ご自身のご予算や状況にあわせて判断いただけるとよいかと思います。

ではさっそくご紹介していきます。

1 ココナラ 副業トレーダーとーます FX RCIを使った鉄板パターンをご紹介します RCI歴10年の私の手法をマスターしてみませんか?

2020-03-29_23h58_29

ココナラというサイトはご存知でしょうか?スキルを販売できるサイトです。

ここで、RCIの手法を販売というか教えている副業トレーダーとーますさんという方がいます。

販売ページはこちらになります。
https://coconala.com/services/1068025

コンテンツ内容はこちら

1. そもそも RCI ってなに??
2. RCI 設定方法
3. RCI ってどんな見方をすればよいの?
4. 鉄板パターンの解説
5. ロングの場合
6. ショートの場合
7. 仕掛けるポイント
8. 実は有利なショートエントリー
9. 鉄板パターンの優位性をさらに上げたい場合
10. 損切り、だましについて
11. いろんな勝ちパターン
12. ボリンジャーバンドと RCI
13.これまでのご質問とご回答

メリット

価格低がFX商材としては低価格です。とーます氏が知る手法の中で一番の鉄板ポイントに手法を絞っているため、エントリーポイントはひとつとなります。これからRCIを学ぼうという方には設置方法から説明されているので取り組みやすい手法といえます。MT4の設置方法あり。またココナラの性質上、とーます氏に質問ができます。

デメリット

ボリュームが少ない。ある意味1つの手法に徹しているため無駄なエントリーは少なくなりますが、RCIのエントリーパーターンを数多く知りたいという方には少し物足りないかもしれません。

2  三平式 RCIを用いたトレード教科書

2020-03-30_00h04_32

こちらは、noteというプラットホームにて出品されている商品です。

https://note.com/sanpeifx/n/n4f96067a0cf1

コンテンツ内容の一部をご紹介

三平式RCIトレードの大きな特徴


1.スマホで取引できる(パソコン不要)

2.スキャルピング、デイトレード、スイングのどれにも活用できる

3.エントリーがとても上手になる

4.利確・損切りポイントがはっきり読める

5.なるべく損切りしないで耐える

6.ナンピンも狙いすまして仕掛けて負けを勝ちに変えられる

メリット

コンテンツボリュームが多く、手法も数パターン用意されているようです。(約85000文字。A4で印刷すると270ページ。)購入者が多く、ツイッターなど1000本ノックというトレード履歴を発信する勝ち組トレーダーが多い印象です。

デメリット

価格が29800円しますので、商材の購入資金が必要。またツイッターで三平氏がリアルトレードしていますが、証拠金が現実離れしている点が気になります。一般むけとして参考にならないトレードが多くただの自慢に終わる印象。サロンに入会するには購入必須というシステム。

3 FXで月100万円儲ける私の方法【決定版】鳥居万友美

2020-03-30_01h18_21

この方がおそらくRCIを日本に普及させた第一人者なのではないかと思われます。

書籍およびkindle版があります。その他鳥居氏の書籍は複数ありますが、RCIの基本が一番詳しいのがこちらの書籍となります。

Amazon販売ページはこちら

FXで月100万円儲ける私の方法【決定版】

中古価格
¥849から
(2020/3/30 01:45時点)

商品内容

仕事や家事の合間に無理せず取引できる。トレード回数は1日1、2回なのに月100万円稼げる。主婦でもできる究極のFX。エントリーと決済のチャートを時系列で解説。実例トレード20大公開。

メリット

書籍なので、低価格で購入できます。RCIの王道と呼べるトレードが勉強できます。また本人のブログサービスなどを参考にするきっかけになるでしょう。マルチタイムフレーム分析に触れたスイングトレードは画期的です。実例トレード20で感覚がつかめる。

デメリット

もちろん質問できない。手法が多岐にわたりちょっとごちゃごちゃしている感はあります。MT4には触れていません。

RCI商材をご紹介して

以上3点のRCI学習商品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

実際にRCIを実践しましたが、確かに勝てると思います。

また、どのインジケーターと組み合わせていくのかという点も楽しみなところです。

RCIは基本的には移動平均線との組み合わせがスタンダードです。

ネット上の無料情報でコツをつかむこともできるかもしれませんが、有料商品を購入することで実践者の最短ルートを学ぶのもよいかと思います。

さて、皆さんはどの学習方法を選ぶでしょうか?参考になればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする