キャンドルFXでのプライスアクショントレードは勝てるのか?

キャンドルFXという今は販売停止してある教材を実践してみました。プライスアクショントレードを実践するにあたって幾つか教材をあたっているのですが、直近ではThe Secret FXを実践しています。The Secret FXが逆張りの手法であるのに対し、このキャンドルFXはトレンドフォローの手法です。

キャンドルFXの手法とは?

プライスアクショントレードは、インジケーターをあてにせずローソク足の動きで売買取引を行います。このキャンドルFXでは、主に手法が2つあります。中でも私のお気に入りが、トレンドが出ている際に、さらにそのトレンド継続を確認した上でその波に乗っていく手法です。

2017-08-25_23h15_30

上昇中であれば、一度陰線で下落し、さらにまた陽線で上昇した際にエントリーする手法です。ローソク足の並びでいえば、陽→陰→陽という並びとなります。

3本のローソク足の並び、そして相場の流れをみてエントリーします。

キャンドルFXは勝てるのか?

2017-08-25_23h13_23

教材によればPDF教材を最低3回は読むよう指示がでています。確かに、3回読み実際にトレードすることでそのノウハウが血肉となっていくのですが、比較的単純ですぐに覚えることができました。

主に15分足でのトレードを推奨してあり、実際に私も15分足を用いてトレードしています。
おそらく大きい時間足でも実践可能かと思われますが、まずは15分足でというところです。

ローソク足の長さを間違えると手法が機能しなくなるという点に注意しながらエントリーすることを心がけるのですが、やはりだましもしばしばあります。

だましに遭わないためにも、1時間足などで、大きい流れを把握した上で、ローソク足のサインを待つというようにするのが勝率を上げるコツということがわかってきました。これは、実際に私がトレードをしていく中で気づいたことです。1時間足と逆行したエントリーサインはすぐに戻されてしまうことが多いです。

そのため、1時間足を表示させた上で、15分足にてトレードするのが勝率をあげていくコツだと思います。当たり前のことかもしれませんが、大きいトレンドに乗れば自然に小さい時間足でもその波に乗れるという理屈です。

キャンドルFXの難しい点

やはり、利益確定ポイントと損切ポイントですね。

損切ポイントでいえば、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする